読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上空1万メートルから考える

商社勤務28歳女が、海外別居婚を通じて考えた事、経験した事を書くブログです。月一で海外(主にフィリピンと周辺諸国、東南アジア)へ行く生活を綴っていきたいと思います。

台北一人旅3

朝は、少しゆっくり目の8:00頃起床しました。

前述したとおり、旅行前日は先輩と飲みに行ってそのままほぼ徹夜で

パッキングをして、年賀状を書いたので、へとへとだったので、

久しぶりにゆっくりと纏まった睡眠をとった感じでした。

 

ささっと支度を済ませ、朝ご飯を食べに出発。地下鉄で二駅分くらいだったので、

地理感覚を頭に入れたかったのもあり、歩いていくことにしました。

 

最近は、アイフォンでGoogle Mapを、機内モードにしたままでも使えるので、

迷子になることが殆どなくなりました。本当に便利な世の中です。。

Wi-FiじゃなくてGPSを使っているから?と理解しているのですが、あってるのでしょうか。

まあ、そんなこんなで向かったのが、大行列で有名な阜杭豆漿 (フーハントウシャン)です。相変わらずめちゃめちゃ並んでました。

一人で特に時間的制約もないので、ぼーっと並びました。前にもこのお店は来たことがあって、懐かしいなあと思いながら並んでいたら、案外すぐでした。笑

その間に、パイナップルケーキ屋さんの陽気なおじさんが、様々な試食を持ってきてくれて、行列の人に配ります。お腹も減ってきていたので、全部食べました。

 

f:id:Ritas:20170114144954j:plain

中はこんなフードコートみたいになっていて、他にもいろんなお店があります。

そこで食べたい人は、並ばなくていいみたいです。

f:id:Ritas:20170114145317j:plain

厨房はこんな感じで、みなさん、せっせと何かを焼いたりこねたり混ぜたりしてました。頼み方が全然分からなくて、でも豆乳のスープみたいのと、パンみたいなものを一つずつ頼もうと決めました。笑

このご時世、頼みたいものを事前に調べて、名前でも調べてメモしておけば頼めたんでしょうけど、そういうのめんどくさくて。。

よく分からなかったけど、食べたらめちゃ美味しかった!みたいな、食の一期一会も楽しいので、あんまり事前学習はしない派です。前の人が頼んだやつが美味しそうだったら、同じやつ!という意味をこめて指さす、とか。そうすると、90パーセントくらいは通じます。笑

f:id:Ritas:20170114145514j:plain

で、頼めたのが、これです。

豆乳のスープは、「ショッパイ?アマイ?」だけ日本語で聞いてくれので、

「ショッパイ!!」と返事しました。

 

茶碗蒸しのもっとサラサラしたやつの具が揚げパンって感じで、おいしかったです。

体が温まりました。パンは、中に卵を焼いたもの(ネギ入り)がサンドイッチされてて、パンは心なしか甘い風味でした。甘じょっぱくておいしい。

周りは日本人のファミリーとか、現地っぽい人?色々いました。

中国語を話すガイドブックを持った人は、中国本土の方なのでしょうか。

そんなことを考えながら、食事を済ませ、本日のメインイベント、

台湾総督府見学へ向かうのでした。

 

たらふく試食をしたパイナップルケーキ屋さんでは

何も買いませんでした。

おじちゃんごめんね*1

 

 

 

 

 

*1:+_+