読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上空1万メートルから考える

商社勤務28歳女が、海外別居婚を通じて考えた事、経験した事を書くブログです。月一で海外(主にフィリピンと周辺諸国、東南アジア)へ行く生活を綴っていきたいと思います。

台北一人旅2

グルメ 一人ごはん 一人旅 旅行 お酒

 

バスで台北駅に着くと、すぐ横に地下鉄の入り口がありました。

エスカレーターはなく、大きいスーツケースだったので、

頑張って運んでいたら、後ろから(たぶん?)台湾人男性が手伝ってくれました。

私は結構小柄な方なので、海外に行くと必ずと言っていいほど、現地の

男性が(時には女性も)スーツケースを一緒に運んでくれますが、

日本ではされたこと、ないですね~。

 

それはさておき、台北の地下鉄は、チケットがコインなんです。

かわいい。。

一番近い料金の20元を払って、中山駅へ向かいます。

ホテルは、中山駅から歩いて5分くらいのビジネスホテルを取っておきました。

チェックインを済ませ、荷物を置き、一息つくと、

急に空腹を感じました。

最初の予定では、初日に夜市を散歩しようとか、24時間マッサージに行こうとか

色々考えていたのですが、ホテルに着いて思ったのは

「近くでサッとご飯済ませて、サッと寝よ」

でした。笑

前日、仕事収めだ~と先輩と飲んでしまい、

そのあとほぼ徹夜でパッキング、夫と連名の年賀状(和装の写真使用)を

書き終え、そのまま成田行きのバスに乗り込んだので、

実はヘトヘトなのでした。

 

ホテルに到着するまでの道中にあった金品茶楼というところに

入りました。

f:id:Ritas:20170110220135j:plain

 

ここに決めた理由は、日本で見たことなかったけど、日本語のメニューがあったから、です。笑

鼎泰豊とか、東京で食べれちゃいますからね。(本場とは違うんでしょうけど)

中に入って、結構日本人が多くてびっくりしました。

後から知ったのですが、日本人に人気の店として有名みたいですね。

腹ペコだったので、酸辣湯小と、空心菜炒め、小籠包8個入と台湾ビールを

一気に注文しました。

f:id:Ritas:20170110220624j:plain

 

f:id:Ritas:20170110220632j:plain

f:id:Ritas:20170110220641j:plain

小籠包は撮る前に美味しそうすぎて、一個食べちゃいました。笑

ただ、周囲に日本人が多すぎて、なんでこの子、年の瀬に一人で台湾で

小籠包食べてるのかしらって思われるのが悲しくて、何となく出張で来たアジア人って

ことにしようと決め、注文は英語で貫きました。笑

別居駐妻なるもの、海外での一人ごはんなんて気にしない

メンタリティが必要だと感じました。。

これ全部で2000円くらい、完食して、

ホテルでぐっすりと眠りにつきました。

おいしかったな~